アイラス福祉移送ネットワーク開業支援

介護タクシー開業者の声

自分の知識や経験を活かせる事が出来る機会は貴重だと考えアイラス入会を決意させていただきました。

アシストポチ / 小菅 陽平

私の前職は福祉とは他業種ではありましたが、多くのお年寄りや身体の不自由な方々が置かれている環境とその現実に直面しました。

そこで、私の経験と技術を何か活かせないかとの思いから、福祉の世界(介護タクシー業)に飛び込みました。

当初、グループや協会等の団体に所属する事は考えておりませんでしたが、団体に所属し前職での経験を活かし活躍されている方々をみて、自分の知識や経験を活かせる事が出来る機会は貴重だと考えアイラス入会を決意させていただきました。

開業前には事業内容について先輩方から様々なお話を伺い、実現させたい事業プランとそれをどのように形にしていくべきかを明確にする事が出来ました。

また、実務を通して「何のために」「誰のために」起業するのかという事がより明確になりました。

そしてこの事業を展開していく上での知識が出来た事や、グループ内事業者とのネットワークを持てた事は、開業後の私の財産となっております。

開業をお考えの皆様の夢や幸せが実現しますように、また明日が素晴らしい一日となり輝きますようにお祈り申し上げます。

私は、初心を忘れず誠心誠意仕事に向き合っていきたいと思っております。

社会貢献がしたいと思い介護の仕事を選びました。

岩永介護サービス / 岩永 大喜

私は、社会貢献がしたいと思い介護の仕事を選びました。
介護タクシー業は、ヘルパーとしての資格も活用出来るので、私にとって理想的な職業でした。
22歳の時に開業し自営業が初めてで、さらに介護タクシーの経験も無いため不安な事ばかりでした。
しかし、アイラスグループに入り開業前研修やフォローアップ研修といった教育内容が充実している上に、毎月に開催される地域会議では勉強会や情報交換等が出来て不安が解消されました。 近年では20〜70代まで幅広い仲間が、様々な知識や経験を活かして活躍しています。
運転や介助だけでなく事務処理で困った時も、所属する地域の先輩事業者や、他地域のグループの仲間に助けてもらったりと、アイラスグループの強みを実感しています。

開業当初はいつまで介護タクシーを続けられるかなど不安だらけでしたが、私を信頼してご利用頂くお客様や、信頼出来る仲間の事業者のおかげで現在まで続けられています。

これからも、アイラスグループの一員として社会貢献に取り組んで参ります。

「仲間のいる素晴らしさ」

おもてなし介護タクシーアリス / 竹口(たけぐち)文(あや)実(み)

私の前職は介護職員です。
13年間、病院の看護助手・有料老人ホーム・特別養護老人ホームなどで沢山のお年寄りの方々と接して来て、多くのことを勉強させて頂きました。
そしてその経験から思ったことは「その方々おひとり、おひとりに対して心から接していれば、少しずつ心を開き受け入れて頂くことができる」ということです。

この経験を基に自分で何ができるかと考えに考えた末、「介護タクシーを始めよう!」と決心しました。
しかし、何から始めれば良いのかと調べたものの開業までにはいろいろな手続きが沢山ありとても面倒なことが多いなか、「アイラス」という介護タクシーグループがあることを紹介されました。
何もわからないところから女性ひとりで始めるのは、とても心細く心配でしたが地域会議や体験乗車などを通じて「仲間のいる素晴らしさ」を実感いたしました。
現在、毎日お客様と接するときにも心から接して、初心を忘れず「安全」「安心」を第一に考え乗務しております。

「おもてなし」
相手の心に寄り添うことが最も大切。
できる限り相手の立場に立って物事を考え必要とされることを提供すること。
相手の「こころ」に寄り添うこと。

追伸:お客様からの「女性で良かった!」の声がとても嬉しく思い、女性ドライバーが増えることを望んでおります。